FUTURE BRIDGEミライにつなげる

レクチャー&ワークショップ

ジャズの文化に触れ、音楽を聴いたり、表現する楽しさを広げませんか?
今年は音楽文化についての講座、海外のジャズフェスティバルと音楽大学との交流事業や、障害のあるなしに関わらず参加できるミュージック・ワークショップなどを予定しています。

ジャズアカデミー

音楽やエンタテイメントについての公開講座を開講します。

  • 第1回 9月30日(金)

    講師:早川純(バンドネオン奏者 ※11/3 菊池成孔&ペペ・トルメント・アスカラール 出演)
    「バンドネオンを取り巻く歴史と、ポスト・ピアソラ」

    ドイツの田舎に生まれ、アルゼンチンでその音楽性を開花させたバンドネオン。大戦を経て生産中止となり、今も100年前の楽器が使われ、「絶滅危惧楽器」と称されることも。しかしその音色は憂いと色気を帯び、今なお鮮明な魅力を放っています。「タンゴの革命家」と称されるピアソラ没後30年の今年。バンドネオンを取り巻く歴史とピアソラの軌跡を辿りつつ、現在へと続くバンドネオン・ミュージックの世界を紐解きます。

    早川純

    講師プロフィール
    早川純 バンドネオン奏者

    東京芸術⼤学⾳楽学部楽理科卒業。ジェヌビリエ⾳楽院ジャズDEMを満場⼀致の⼀位で取得。2013年ドイツ・クリンゲンタールで⾏われた国際BNコンクールでの⼊賞を機に渡仏。パリを拠点として、ヨーロッパ各地で演奏活動を展開。
    2022年、イタリア・サルデーニャ島で⾏われるBNコンペティションにおいてfinalist3名に選出され、8⽉に現地で本選出演予定。バンドネオンの新しい可能性を独⾃のスタイルで追求している。

  • 第2回 10月14日(金)

    講師:土岐一利、若井悠樹(株式会社 チッタ エンタテイメント)
    「チッタ、たった、100年。 チッタグループ100年の歴史」

    何故創業が日暮里だったのか?
    何故映画館だったのか?
    何故川崎に拠点を移したのか?
    何故ラ チッタデッラだったのか?
    何故「カワハロ」が終わったのか...?
    創業から100年の歴史秘話を初公開します。

    株式会社 チッタ エンタテイメント

    講師プロフィール
    ⼟岐⼀利、若井悠樹(株式会社 チッタ エンタテイメント)

    ⼟岐⼀利(株式会社チッタエンタテイメント)
    北海道千歳市出⾝。早稲⽥⼤学社会科学部卒業後、⾶⿃出版株式会社を経て、1994年カワサキ・ミス株式会社(現株式会社チッタエンタテイメント)⼊社。現在、取締役広報宣伝室⻑。

  • 第3回 10月21日(金)

    講師:外山喜雄(トランペット、ボーカル)、外山恵子(ピアノ、バンジョー)※10/29 しんゆりJAZZストリーム出演
    サッチモとジャズの故郷ニューオリンズに魅せられて
    外山喜雄・恵子の『サッチモ人生』

    “ジャズの王様サッチモ”ことルイ・アームストロングの⾳楽に魅せられ、1968年に夫婦で移⺠船ぶらじる丸に乗りニューオリンズへ。ジャズとサッチモの故郷でジャズ武者修⾏の5年間!サッチモの貴重なヴィジュアル資料を交えながら、“夫婦でサッチモ56年”にわたる⾳楽活動、ニューオーリンズでの武者修⾏、サッチモへの想い、“サッチモの孫たち”に楽器を送ってきた『銃に代えて楽器を』の社会活動などを語ります。

    外⼭喜雄、外⼭恵⼦

    講師プロフィール
    外⼭喜雄(トランペット、ボーカル)、外⼭恵⼦(ピアノ、バンジョー)

    デキシー、スイング等のオールド・ジャズに⽣きるジャズ夫婦。1968年に夫婦でブラジル移⺠船に乗り込みニューオリンズへ。ジャズの故郷でジャズを学び、ヨーロッパ、アメリカ各地を演奏旅⾏する。1975年に「外⼭喜雄とデキシー・セインツ」を結成。1983年の開業時から23年間、東京ディズニーランドの⼈気グループとして出演し、その後もニューオリンズ・スクエアで演奏を⾏う。外⼭喜雄のボーカルは、あのルイ・アームストロングにそっくり。⽇本のルイ・アームストロングとしてニューオリンズで開催されるサッチモサマーフェスト・ジャズ祭に13年連続で招待され、出演を果たしたほか、⽇本ルイ・アームストロング協会(ワンダフルワールド・ジャズ・ファウンデーション)の会⻑も務める。
    同協会の活動として1994年よりアメリア・ニューオリンズの⼦供たちへの楽器プレゼント運動を⾏い、2005年外務⼤⾂表彰を受ける。随筆、ジャズ評論等の執筆活動も⾏っており、著書に『聖者が街にやってくる』(冬樹社)、訳書に『独断と偏⾒のジャズ史』(スイングジャーナル社)、『ニューオリンズ⾏進曲』外⼭喜雄、恵⼦共著(冬⻘社)『聖地ニューオリンズ聖者ルイ・アームストロング』外⼭喜雄、恵⼦共著(冬⻘社)がある。また、⽇本で唯⼀のオールド・ジャズ16mm フィルムのコレクターとしても知られる。

[各回共通]

  • 会場 ミューザ川崎音楽工房 市民交流室
  • 時間 13:30~15:30
  • 参加費 各回1,500円
  • お申込み かわさきジャズチケットオンライン(今年度より受講チケットを販売いたします。)

    チケット購入について